経営の核心

「成功」と「成長」を実現するもっとも確実な方法


これ、何だと思いますか?

私は「チャレンジの数を増やすこと」だと考えています。

どんな天才ピッチャーでもマウンドに立たないと「勝利」を得ることは
出来ません。

チャレンジした試合数と勝利の数は比例します。

これは天才ピッチャーだけでなく、誰にでも言える事です。

違うのは「勝率」だけです。

「3勝1敗」なのか?

「1勝10敗」なのか?

なので、「1勝10敗」の人が10勝したかったら、110戦すれば
よい計算になります。(あくまで計算上は)

マーケティングもビジネスも同じです。

「チャレンジの数」と「成功の数」は比例します。

誰でもです。

問題なのは、「チャレンジの数」と「失敗の数」も比例する点です。

それも多くは「成功の確率の何倍もの高さで比例する」事です。


◆ 成長のチャンスは「失敗のコスト」と反比例する


すべてのビジネスの活動には「コスト」がかかります。

ビジネス上のすべてのチャレンジにも「コスト」がかかります。

広告、販促、商品開発、その他もろもろ、、、すべてにです。

もちろん「失敗の数」に比例して「コスト」がかかります。


成功の数を増やすには「チャレンジの数」を増やさなければならない。

しかし、すべてのチャレンジには「コスト」がかかり、失敗の確率の
方がはるかに高い。

したがって普通に考えると「失敗の数は倒産・廃業の確率と比例する」
ことになってしまいます。

チャレンジはしたいが倒産はしたくはありません。

さあ、どうすればよいのでしょうか?


答えは「失敗のコストを最小限まで下げること」です。


「チャレンジのコスト」を最小限にすると、限られた予算でも
「チャレンジの回数」を多く取ることができます。

「チャレンジの回数」を多く取れれば、それだけ「成功の数」も
多くなり、「成長のチャンス」も大きくなることになります。

もっともローコストな方法で失敗を繰り返し、「当たり」がついたら
ハイリターンな販促にコストをかける。

これが「テストマーケティング」の考え方です。


◆ インターネットでは月額1万円から「チャレンジ」ができる。


例えば、短文で反応率のよいキャッチコピーにチャレンジする場合、
PPC広告(Yahoo広告)等を使うと、月額1万円とかの低予算
でもチャレンジを開始できます。(本当はもう少し予算が欲しいですが。)

このくらいの予算だとクリック単価が下がるので、なかなかクリック
してもらえません。(インプレッションが少ない為)

ここでいろいろやっていると、思わぬキーワードが反応が良かったり
と、いろんな経験をすることができます。

ここで得た経験をもとに、サイトを改変したり、ページを追加したり、
より高い予算でお客を取りに行く等の方法で「成功」と「成長」の
チャンスを自らの手で着実に広げる事ができるのです。

月額数万円で失敗し放題!

もちろん上手く行けば即売上げにつながる。

そんな販促方法は、たぶんインターネットしかないと思います。

是非、うまく活用して下さい。







お薦めサイトの紹介
無添加住宅モデルハウス
草加、久喜、館林を中心にワードプレスの訪問教室
痛くないボキボキされない整体ゆあさ
大腸がんのおっさん公式サイト
大腸がんのおっさんアメブロサイト