経営の核心

「成功」って何だろう?(1)/結局は「ハッピー」になりたいのだろう



昨日、ある社長と銀座でそんなことを話していました。

主にオーディオケーブルの開発を行っている会社で、この不況期のご時世にもかかわらず、高単価製品にチャレンジして売上を伸ばしている経営者です。

彼とは2006年秋からのお付き合いですので、かれこれ4年近くになります。

30万円のオーディオケーブルが店頭に並べるだけでポンポン売れる様を見せられると、それまでの世界観が音をたてて崩れて行く気がしました。

アーティストにも多くの関係者をもち、例えばゴダイゴのギタリスト浅野孝己さんとかは私も時々お会いさせていただいております。

その関係で私自身も最新CD「新月」のレコーディングにも同席し、ライナーノーツ作成から販売までお手伝いもさせて頂きました。

先月は世界最高級とも言える、300万円超のラインナップもあるシリーズをリリースしましたが反響がすごい事になりました。

そんな実績をもつ彼と銀座の「みゆき」とかいうカフェでお茶しながら「成功って何だろう?」みたいな話をしていました。

「成功」っていろいろあるけど、

・「ある種の強引な販売」を得意とする人たちのような、人相が崩れてくる「成功」は何かおかしいだろう。

・昔流行った「瞬間最大風速的な成功」もあまり意味がないだろう。

・結局は「ハッピー」になりたいのだろうのだろうし、「ハッピー」というのは「ある瞬間」よりは「継続」する方が良い。

・とはいえ気持ちの持ちよう的な「ハッピー」は、「現実逃避」が入っているのであまり解決にはなっていない。

・要するに「バランス」が大切なんだ。

みたいな話になりました。

ちなみに彼の話にはよく「バランス」という単語が出てきます。人生も経営もお金儲けもバランスを欠いてはうまく行かないと考えているようです。








他にもあります! お薦め商品の数々
フェイシャルエステサロンの自宅開業をサポートするミッシェル
草加市、久喜市の法人向けワードプレス訪問教室
ホームページ集客
リフォーム倉沢工務店
カラオケ教室ならフォーユーボーカル教室