経営の核心

「成功」って何だろう?(2)/「バランス」論から読み取る不景気時「成功」の秘密



では、何でもかんでも「バランス」だけを重視しているかと言うとそうではありません。

彼の会社はメーカーですから研究開発や製造にはコストをかけます。メーカー直販は一切やっていないので、広告費はかけていないのか?と思いきや、かなりの比率でかけています。

メーカーの中には「広告費は販売店の担当」と割り切ってまったく広告費をかけない企業もいますが、彼の企業はきっちり広告費を使っています。

このへんは彼の言う「バランス」論です。

では、広告費の内訳をみてみると、かなりの偏りがあります。

例えば紙媒体では「雑誌広告」は打つけど、それ以外の新聞広告等はどんなに安くても出さないとか、ネット上ではプレスリリースはなぜか毎月のように出すけど、それ意外はPPC広告程度と必要最小限のSEOしかやらないという方法です。

実際に彼の会社の最初に訪問して、サイトのアクセス解析をした時は驚かされました。トップキーワードは会社名だったのです。それで毎日のユニークアクセス数が100以上あったのですから。

ここまで書いて「あー、なるほど。」と思われた方は、カンの良い方です。

「オーディオケーブル」みたいなキーワードでユーザーの気を引いて、みたいな作戦はまったく考えていなかったのです。最初からお客様に会社名を名指しされる事を目的にコスト配置を行っていたのです。


彼の言う「バランス」には、当然の事ながらその前に「目的」があります。「目的」は、おわかりの通り「ブランド」です。

「ブランド」が確立できれば、人相がおかしくなるような「強引な販売」に頼ったり、「瞬間最大風速的な成功」をおおげさに誇った販促を行う必要もないと考えていたのです。

そうやって「目的」に応じて必要で効果的なものを「バランス」よく配置していたのです。

せっかくここまで読んで頂いたのも何かの縁なので、あなた自身の「成功」や「目的」を少し考えてみて下さい。

「成功」ってはたしてどういう事なんだろう?

「お金」なの? それとも「有名」になる事?

そしてそれを実現するためには何が必要なんだろう?

ほんの5分か10分ほどで結構です。TVのCMの間だけでもかまいません。

そのクセができれば、何かがかわるかもしれません。








他にもあります! お薦め商品の数々
痛くないボキボキされない整体ゆあさ
朝7時からやっている北川接骨院
フェイシャルエステサロンの自宅開業をサポートするミッシェル
足立区、葛飾区の法人向けワードプレス訪問教室
ホームページリニューアル