経営の核心

「小さくても一番」を狙え!!(1)



 実は昨日、携帯電話の機種変更をしました。

 今度のは、100万画素のデジカメ付き、ビデオカメラ付き、ボイスレコーダー付き、懐中電灯付き、ウオークマン機能付き、メールチェック機能付き、テキストリーダー付き(本が読める)、そしてたぶんビデオ画像も見れる機能付きの携帯電話です。

 もちろんゲームマシンにもなりますし、テレビ等の赤外線リモコンにもなるというウワサもあります。

 でも、携帯電話としては使っていません。電話がかかってきても呼び出し音がならないようにしているのです。要するに「携帯電話には出ない」のです。ですから、「携帯の番号を教えて」と言われても、教える事はありませんし、万が一かかってきても、出ません。

 実は、電話がかかってくるのは好きではないのです。

 これはたぶん、「仕事をどんな風に進めるのが好きか」で決まると考えています。例えば、営業畑で育った方は、お客さんに電話しまくったり、電話がかかりまくってないと、仕事をした気にはならないと思いますし、パタっと電話がかからなくなると不安になると思います。

 しかし、岩上のように「開発畑」で育った人間は、電話と言うのは仕事を阻害するモノというイメージを持っています。たとえ相手がお客さんであっても、電話ばかりしていると、仕事は進みませんし、仕事をした気にもならないのです。

 したがって、岩上にとって「携帯電話」とは、「主にメールチェックを行うもので、ついでにいろいろ便利な機能が付いている携帯ツール」という事になります。

 このように「仕事のスタイル」、もっと言うなら、「利益を上げる方法」によって、携帯電話一つとっても、その使い方が大きく変わってくるのです。

 で、ここからが本題です。







他にもあります! お薦め商品の数々
痛くないボキボキされない整体ゆあさ
朝7時からやっている北川接骨院
フェイシャルエステサロンの自宅開業をサポートするミッシェル
足立区、葛飾区の法人向けワードプレス訪問教室
ホームページリニューアル